プラスチック真空成形・射出成形の事なら東京プロトにご相談下さい

Under Shock(アンダーショック)

Under Shock(アンダーショック)は、東京プロト㈱の特許・意匠・商標です。(※)

アンダーショック ロゴ

under shock_photo_1

under shock 部品トレイ

矢印部分がアンダーショックです

矢印部分がUnder Shockです

Under Shock部位拡大

Under Shock部位拡大

特徴

  • アンダー(逆)勾配20°も可能。
  • 工業用出荷トレイ外周部のみならず中央部など、通常の真空成形では困難な部位にもアンダー形状可能。(オリジナル見本有り。)
  • 真空成形の金型に設置するだけで、追加設備不要のため安価に実現。
  • ハードトレイ(射出成形品)の約50%以下の重量。(当社比。同じ収納面積とした場合。)
  • 通常アンダーのソフトトレイ(真空成形品)の約70~80%の重量で、同程度の積み重ね強度を実現。(当社比。)

応用例

  • 工業用部品トレイ

工程内や出荷用途。ハードトレイから切り替え。プラスチック重量削減は、副資材費削減のみならず、輸送費・産廃費の削減にも繋がります。

同方向でのトレー重ねが可能になり、ワークの方向、位置を変えずに収納・取り出しが出来、作業効率が格段に向上。お客様の組立ラインで180°反転する必要がありません。作業者・設備の負担軽減に繋がります。

  • コンテナ箱の透明フタ

中身が見えるフタとして。従来の半透明(PP製)フタが容易に外れてしまう弱点を解消。

  • 陳列商品ブリスター

アンダーショック形状で商品を確実にホールド。フタは不要または簡易包装化に寄与します。

  • 上記はほんの一例です。お客様のご発想・ご要望を是非、当社にお聞かせ下さい。

 

※:特許 登録第6254738号、PCT/Jp2017/043531、意匠 登録第1637864号、商標 登録第6098611号、他出願中有り。

お気軽にお問い合わせください TEL 045-540-4911 平日 8:30 - 17:30

PAGETOP
Copyright (c) TOKYO PROTO CO., LTD. All Rights Reserved.